自分の属性を理解しよう!

キャッシングの審査では、アルバイトや派遣よりも正社員の方が属性の高さから審査に通りやすいですよね。でも、正社員であっても審査に落ちることがあります。

 

例えば、信用情報期間に事故情報が登録されている。他社での借り入れ件数が多すぎるなど色々なことによって審査に落ちてしまいます。

 

借入件数が多過ぎる

正社員だからといっても、年収の3分の1に近い借り入れがあったら審査に落ちます。特に、借り入れ額よりも借り入れ件数が多いと審査に落ちやすいと言われています。借り入れ件数が多い場合は、借り入れ件数を2〜3件にまで減らしてから申し込みましょう。

 

それから、借入金額と限度額は同額にはなりません。契約が成立して、きちんと返済することが分かった段階で、限度額を増額していくという方法となりますので、実際に借り入れできる金額イコール限度額とはならないのです。特に、複数社から借り入れをしていて借り入れ額の合計が100万円を超えているような場合は、例え総量規制に引っかかっていなかったとしても審査が厳しくなります。

 

どうしたら審査に通るのか?

まず、信用情報期間に事故情報が登録されている場合は、登録が消えるまで待つしかありません。信用情報期間に登録するタイミングは、各企業によってまちまちとなっていますので、気になる方は信用情報期間に自分の情報が登録されているかどうか開示請求してみるとよいでしょう。

 

それから、正社員といっても転職したてだったり、就職して半年未満だったりすると審査に時間がかかってしまいます。就職して半年未満の場合は、半年以上経ってから申し込んでみましょう。また、申し込む際には限度額を最低額に抑えて、審査に通ることを優先してみましょう。審査に通ってしばらく真面目な返済実績を作ってから、限度額の増額を申請するといった方法に変えてみましょう。

 

借り入れ件数が多い場合は、おまとめローンを利用することで借り入れ件数を減らすことができます。おまとめローンは、総量規制対象外となりますので、借り入れ件数に関係なく申し込みが可能となりますし、借入先を一つにまとめることで、返済日が管理しやすくなります。

 

年収が低い

審査に有利な年収は、200万円以上とされています。200万円以下の年収だと審査に落ちる確率がかなり高くなります。正社員であっても、年収が200万円以下という場合は、限度額を低くして申し込まないと審査に落ちてしまいます。年収が200万円以下であれば、希望する借り入れ額を30万円以下にしておかなければ審査に通りませんので、希望借り入れ額は10万円以内にするとよいでしょう。

 

プロミスとアコムなら限度額1万円〜アイフルは、1,000円〜となっています。雇用形態は、公務員>正社員>自営業の順で有利なり、派遣社員、アルバイト、パートは、不利になります。また、勤務先は、中小企業よりも大手企業、勤続年数は1年未満よりも1年以上が有利となります。勤続年数が長ければ、退職金もでる可能性もありますよね。入社3年未満だと、仕事を止める可能性が高いと見られやすいといった判断をしているところもあるようです。

 

クレジットヒストリーが健全でない

公共料金の支払いやスマホの支払いをクレジットカードにしている方で、間違って滞納してしまった経験はないでしょうか。自分では、1日遅れただけだし、返済する気持ちはあると思っていても、何度も繰り返される返済遅延の情報は、信用情報期間に登録されます。

 

また、クレジットカードを使用した形跡がない方は、クレジットカードを使用している方よりも不利になりやすいと言われています。きちんと返済と借り入れを繰り返している誠実なクレジットヒストリーは、キャッシングの審査では有利な情報となります。

 

クレジットカードを使ったことがない方は、クレジットカードを作ってみることをお勧めします。クレジットヒストリーを作るために無駄な買い物をする必要はありません。毎月の公共料金の支払いをクレジット払いにしたり、食料品を購入する際にクレジットカードを使用すればいいのです。滞納や返済遅延を1年間は起こさない状態で、キャッシング申し込みをすれば、審査の際に返済能力や真面目さが伝わって有利になるでしょう。

 

賃貸や公営住宅

住んでいる住居が賃貸や公営住宅だからといって、単純に審査に落ちるということにはなりません。それよりも、入居年数が短い方が引っかかるかもしれません。入居年数が長い方が、それだけ問題なく家賃を支払ってきたという実績にもなります。特に、持ち家で住宅ローンを組んでいる方は、高額のローンが組める返済能力と社会的信用の高い人物ということで評価が高くなります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日