そこまでの審査には問題が無かったと言えます

キャッシングの審査では、そこまでの審査内容に問題が無かった場合、最後に職場への在籍確認を行うことがほとんどです。それはこの在籍確認は審査の中でどうしても人力で行わなければならない作業で、一番手間が掛かります。

 

これを行った後に他の要素で問題が発覚してしまうと、折角手間を掛けたこの作業が無駄になってしまいます。ですのでほとんどの場合で審査の一番最後に行われる作業です。

 

在籍確認の電話で落とされてしまう場合も

この在籍確認の電話で失敗して審査に落とされてしまう場合があります。この段階まできたということは他の要素には問題が無かったということになるので、これだけは防がないといけません。ではどういう場合にこの在籍確認の電話で失敗してしまうのかを挙げてみます。

 

申し込みをした人を知らない人が電話に出てしまった

職場が大きな会社の場合、これに一番注意が必要です。キャッシング会社からの電話に出た人が申し込みをした人を知らなかった場合、「その人は知りません」などと答えられてしまうと、その会社に在籍していることがウソだと思われてしまいます。

 

これが原因でこの段階で審査に落とされてしまうことがありますが、この電話で確認がとれなかったという結果が申し込みをした本人に伝えられることがあります。この場合はもう一度電話を掛けてもらえるようにお願いすることができますが、その場合には同じことにならないように、電話に出る可能性がある人に自分の存在を伝えておきましょう。

 

大きな会社の場合は部署ごとに電話番号があると思います。もし代表番号で確認が取れなかった場合、その自分を知っている人が電話に出る番号に掛けてもらえるようにお願いしてみましょう。またそういう電話番号がある場合、申し込むを行う時に最初からそれを記入しておきましょう。

 

電話に出た人がわざと断ってしまった

これは2種類のケースが考えられます。まずキャッシングを行ったことがある人が電話に出てしまった場合です。キャッシング会社からの在籍確認の電話は、もちろんその会社名など名乗らず個人名を名乗って掛かってきますが、キャッシングを行った経験がある人であれば、これがその手の電話だと分かってしまうことがあります。この時わざとウソをついて落としてやろうと思ってそう答えてしまうことがあるかも知れません。

 

またこの場合は好意からですが、申し込みをした人に不審な個人名の電話が掛かってきたと思ってしまい、これを取り次ぐと問題が起こるかも知れないと勝手に判断して、「その人はいません」などと答えてしまうことが無いとは言えません。これは正にありがた迷惑というものですが、こういった可能性もあります。

 

このケースを防ぐには、電話確認の日が分かっている場合、今日自分宛に個人名での電話が掛かってくるということを周知しておく手があります。契約を検討している保険会社からの契約前の確認なので、会社名は名乗らずに掛かってくるなどいった理由を付けておくと、スムーズに取り次いでもらえると思います。

 

中には仕事時間中の個人からの私用の電話は取り次がない会社もあると思います。そういう会社の場合は尚更そのような電話があることを先に周知しておきましょう。

 

日時が指定できる場合は必ず指定しましょう

在籍確認の電話の日時を指定できる場合、自分が確実に出られる日時を指定しておきましょう。この電話が本人まで繋がらなくても在籍していることさえ確認できればよしとするキャッシング会社もありますが、即日融資ではない場合、基本的には本人に繋がったところで在籍確認とするものです。

 

特に営業職など職場にいる時間が短い場合は朝や夕方など、自分がその場所にいる時間に掛けてもらえるようにお願いしてみましょう。この点についてはそれによってキャッシング会社の方も無駄な電話を掛けることがなくなりますので、この点は結構融通を利かせてくれます。

 

また電話に誰も出なかったような場合や留守番電話に繋がってしまった場合を考えて、着信番号にコールバックをされてもそれがキャッシング会社だとは分からないようにこの在籍確認の電話は非通知で掛かってきますので、その心配はありません。

 

電話以外での在籍確認が可能な場合も

これは大手の消費者金融に限りますが、プロミスやアコム、そしてモビットの3社ではこの在籍確認の電話の代わりに書類の提出をもって職場への在籍証明とすることが可能です。この書類とは、会社名の記載された社会保険証と給与明細票です。

 

これらを申し込み時に一緒に提出することで、その職場への在籍証明になります。在籍確認の電話が掛かってくることはありません。職場への電話が困るような場合にも利用できると思います。モビットの場合はこの書類の提出に加えて、三菱東京UFJ銀行、もしくは三井住友銀行のどちらかに口座があることが条件になりますが、口座の開設は難しいことではないので、モビットを利用する場合は先に口座を作ってから申し込みを行ってください。

 

このように在籍確認の電話で審査に落ちてしまうことを防ぐ手段はいくつかあります。折角そこまでの審査に問題が無かったのに、ここで失敗してしまわないようにこれらを参考にしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日