おまとめローンの審査に落ちてもまだ方法は残っています

仮におまとめローンの審査に落ちてしまった場合、もう残された手段は自己破産しかないのでしょうか?いいえ、自己破産する以外の方法がまだ残されています。一つ例を挙げれば任意整理。

 

これは文字の通り、任意に債務整理することであり、細かい内容は決められていません。債権者と交渉して借金の額を減額してもらったり、払い過ぎた利息を過払い金返還請求で取り戻したり、一括返済する代わりに利息分の免除を依頼したりといろいろな手段を取ることが可能なのです。

 

今回はおまとめローンの審査に落ちた人が取るべき方法について任意整理を含めて説明していきます。

 

おまとめローンの審査に落ちたらまず任意整理を考えましょう

消費者金融でも銀行系カードローンでもおまとめローンの審査に落ちてしまったら、悔やんでいる時間はありません。すぐに任意整理できないか検討しましょう。多重債務に陥っていてもその金額は人によって違います。まだ自分の力で返済できるなら問題ありませんが、できないのなら任意整理を考えるべきです。

 

任意整理とはどんなことをするのか?

前述したように任意整理とは細かいことが決められていない債務整理の一形態です。交渉によって借金の一部減額や利息の免除などいろいろなことが認められています。ただ任意整理の内容を受け入れるかどうかは債権者である金融機関次第なのです。でも金融機関としても自己破産されて免責となってしまったら1円も回収できません。

 

そのため債務整理が行われた場合の貸し倒れリスクは最初から計算しておくのが金融機関の鉄則となっています。そして貸し倒れてもカバーできるような金利を設定しています。ですのであまりに債務者有利の任意整理になっていなければ、大抵の金融機関は任意整理に同意するはずなのです。任意整理に同意が得られるとおまとめローンと同等か、もしくはその効果を超える恩恵を債務者側が受けられます。

 

ともかく最初は専門家に相談しましょう

任意整理は専門の知識が必要ですので、まずは専門家に相談するのが無難です。中でも過払い金返還請求は、素人がすべて自分でやろうとするとすぐにパンクすると思います。もちろん知識がある友人に相談しながらやるという手段もありますが、時間や手間が掛かりますので、最初からプロの任せた方がスムーズに進むはずです。

 

また債権者は海千山千の金融機関ですから、交渉はプロに任せないと成功確率が下がってしまう恐れもあります。以上からおまとめローンの審査に落ちた場合、任意整理を検討するため専門家に相談してみてください。

 

個人再生という債務整理の方法もお勧めです

お勧めという言葉はここではちょっと不適切かもしれませんが、多額の借金を減額させる個人再生は本当にお勧めです。個人再生は借金の総額を5分の1から10分の1ぐらいまで減らすことができ、残りの額を3年から5年かけて完済することになります。

 

個人再生についても詳細は交渉によって変わってくるのですが、大まかに言うとこんなことだとイメージしてください。一応最大10分の1ぐらいまで借金を圧縮できる制度となっていますが、ほとんどの場合は5分の1ですのでその点はご注意ください。

 

個人再生での返済はどうなる?

個人再生が認められた場合、返済はどうなるか実際に考えてみましょう。まず借金総額が500万円だったと仮定します。これが5分の1まで圧縮されますので、総額は100万円となります。500万円だと無理という言葉が頭に浮かびますけど、100万円なら何とかなるかもしれないと思えてきますよね。この100万円を5年で完済すればいいのですから、1年あたり20万円。

 

利息を入れても24万円程度です。つまり毎月2万円返済すればOKとなります。2万円ならばちょっと頑張れば何とかなるお金です。これぐらいの返済にまでもってこれるのですからリスクを冒して自己破産する必要性はありません。それくらい個人再生は効果が高いのです。自己破産するしかないと精神的に追い詰められている人もまずは個人再生できないか考えてください。

 

最後の手段自己破産とは?

個人再生も無理、返済する目途が立たない、ここまでの人は自己破産を検討しましょう。ただし自己破産=ダメな手段と考えないようにしてください。世間でイメージされているほど自己破産というのは悪い方法ではないのです。破産した時点で持っている財産、例えばマイホームとかマイカーなどは原則放棄しなければいけません。

 

でも既にそういう財産が無い人には関係無し。何も失うものがないのです。自己破産すればもう返済に追われることはなく、給料はすべて自由に使えます。そのため普通の生活を送るのに何ら問題はないのです。実際に自己破産した人も何ら変わることなく普通の生活を送っています。

 

自己破産で被るデメリットとは?

では自己破産した場合、実際に被るデメリットにはどういうものがあるのでしょう?まず考えられるのが免責が下りるまで就けない職業があるということです。ちなみに免責は自己破産後数か月したら下りるものでして、借金が存在しないことを認めますという許可のようなものを指します。この免責が下りないと就けない職業があるのです。

 

免責が下りないと就けない職業とは?

具体的言うと、弁護士、司法書士、そして行政書士などですけど、多重債務者でこれらの職の人はそんなにいないでしょう。一方問題になりそうなのが宅建主任です。不動産取引をする場合に必要になる職ですけど、自己破産すると仕事上のデメリットが生じてしまいます。ただ自己破産するところまで追い込まれているのなら、仕事をしている余裕なんてないでしょうから、別の職に就くことを考えてみましょう。大事なのは借金に追われる日々から自己破産をして逃れることです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日